FC2ブログ
HONOR ~守り続けた痛みと共に~
HONORTEAM NACS ふるさと公演
HONOR ~守り続けた痛みとともに~
ひとつの村にスポットを当てた70年に及ぶ物語。
語られる沢山のドラマが“村”という小さな共同体の中で数々起こる。
舞台は北海道の忘れられた場所、人口650人の恵織村。
純粋な気持ちが溢れ、誰の心にも温かい郷愁人情ファンタジー。


http://www.teamnacs.com/kouen/index.html

写真をイシグロさんから送ってもらってたのに
ブログにあげるのすっかり忘れてた。
4月7日・シアタードラマシティにてTEAM NACS の舞台を観て来たのでした。
画像はそん時に劇場ロビーにあった提灯。

まあ、あのね、キビシい目で観たらお話の展開とかは
「ん?」って疑問に思う所とか
「ちょっと強引だったんじゃ・・・」とかありましたけどね、
それは後から思い返した時にそうだったって事で
観てる時はそこまで考えてなかったから、引き込まれてたんでしょうなぁ。
元来、「おもろうて、やがて悲しき・・・」的なストーリーには弱いので
その辺り点数の付け方が甘くなってるかもしれないけど。

舞台の内容に触れるのは公演がまだ終わってないので止めておこうかな。
しかし、NACSのお客さんは熱狂的だよ。
モノの感じ方は人それぞれとはいえ、スタンディングオベーションかぁ。
ご本人達は「まぁまぁ、座って」って仰るんだけど(笑)。
ワシの後ろの席の人は、ちょっとした笑いのシーンでも
すっげえ大きな声で反応し続けるもんで結構うっとおしかった(苦笑)。
あなたと同じようにワシも大泉さんが愛しいわよ。
でも、今は芝居に集中なさい、と何度振り返って言いたい衝動に駆られたか。
人気があるのも良い事だけど、大変だろうね。
本質だけをお客さんに見極めてもらうのに、今の環境は。
アイドル視(?)される30代ユニットだもん(爆)。


♪本日の“シャッフルでポン!”


 Cembalo/空の色
 From the Album : 『空の色』 M-01


これまた懐かしい~。
タイトルを『懐メロでポン!』に変えた方がいいかもしれん(笑)。
2000年発売の一枚ですな。
これ一枚しか持ってないけど、今どうしてんだろ、チェンバロさん。
大体ね、ワシが「いいねぇ」って思うバンドって
はじけないまま終わってしまうのが悲しい(苦笑)。

空の色 空の色
チェンバロ (2000/09/06)
ポリドール
この商品の詳細を見る
04/24 11:00 | 徒然DIARY | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://nishimaki.blog81.fc2.com/tb.php/33-e6ba8eb7
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 にしまき All Rights Reserved