FC2ブログ
2010年1月のBOOKメモ
本の方はnekochido文庫からのレンタルで。
新年会におじゃましたときに本棚から抜き出してきたうちの2冊。


■インディゴの夜/加藤 実秋

インディゴの夜 インディゴの夜
(2005/03/01)
加藤 実秋

商品詳細を見る


お昼のドラマの原作らしいけど、テレビの方は見てない。
聞くところによると、舞台化もされるらしい。
なるほどねー。出てくるキャラも設定も展開も漫画っぽいもんね。
ドラマも舞台もわかりやすいものを作れることでしょうなー。
特に難しい表現もないから、さらさら読めてしまえるので手応えずっしり、って本ではない。
まぁ、若い人向けってことなんだろうかね。
渋谷の街がどんなだか、東京から遠くはなれて夜遊びからも遠く離れたおばちゃんには
もう想像もしにくくなってきてるからのぉ(笑)。



■絶望ノート/歌野 晶午

絶望ノート絶望ノート
(2009/05)
歌野 晶午

商品詳細を見る


アタシは単純だからミステリーやサスペンスの本にまかれてる帯のコピーとかに
割と気持ちよく騙されるタイプなんだけど
今回のは読みながら途中で「あー、なんか結末見えた気がする」って読み進めて
「やっぱり・・・」って結果に。
いやー、なーんか後味悪いわー。なーんか。
親の愛って何なんだろ?って思っちゃうね。子どもはそれを計ろうとするけどさ。
主人公がもし身近にいて話しかけられる立場にいたら
そこまで行動力(文章力?)あるならそれを違う方向へむけてエネルギーにできないもんなのか?
なんでもかんでも親のせい人のせいにしてくすぶってんじゃねー、ガキ!って言ってたかも(笑)
とにかくひねくれた考えの中学生だったねー。あーやだやだ(笑)



01/31 22:51 | BOOKS | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://nishimaki.blog81.fc2.com/tb.php/201-3d1c49d5
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 にしまき All Rights Reserved