2007年2月のDVD
ワタクシにしまきが今月観ましたDVDをぼちぼちご紹介。
最新作のご紹介ばかりではございませんので、あしからず。



《釣りバカ日誌 17 ~あとは能登なれハマとなれ~》
テレビで放映されてるのとか、それこそ観光バスの中でとか(笑)でしか
見た事なかった「釣りバカ」を自ら進んで見ることになろーとは。
この映画の単純明快さって、つっこむ余地がまったく無い(笑)。
もう、ずっとそのままいて下さいという感じ。
大泉サン自身がちょっと「漫画っぽい」存在の人なので
彼の起用は正解だったかもしれません(笑)。

釣りバカ日誌 17 釣りバカ日誌 17
西田敏行 (2007/01/27)
松竹

この商品の詳細を見る





《根津サンセットカフェVol.2》
テレビ番組表にも載らず、放送時間も定まらないというミニ番組がDVD化。
の、2枚目。
まあ、あのー、、、
大体シリーズ化されるものって最初のが一番面白かったりしますわな。
そんなつもりで見るのがいいかと(笑)。
ジンさんのラップ(?)はやっぱり好きですけど。ああ、愛らしい(笑)。

1分半劇場 根津サンセットカフェ Vol.2 1分半劇場 根津サンセットカフェ Vol.2
倉科カナ (2007/01/24)
レントラックジャパン

この商品の詳細を見る





《 小林賢太郎ソロコントライブ『POTSUNEN』& POTSUNEN 『○ ~maru~』》

ラーメンズ小林賢太郎氏のソロステージ、2枚組。
どちらも生で観たステージなのに、というか だから、なのかもしれないけど
やっぱDVDで観るのとはイメージ違うのなー。
なんか残念な感じだったのは、そういう演出だから仕方ないとはいえ
会場のモニターをさらにテレビ画面で見るという『画面on画面』現象かなぁ。
気にならない人にはそうでもないんかもしれんけど。
あれならライブそのままDVDにしちゃうんじゃなくて
スタジオで撮っちゃってもよかったんじゃ・・・。
いや、それだとご本人の制作意向と違ってくるのか。むーん。
ま、あんまり難しく考えずに見るのが一番いいってことですか?
(誰に問いかけてる?)

あ、あとひとつ。
大体シリーズ化されるものって最初のが・・・(以下略)。


KENTARO KOBAYASHI LIVE『POTSUNEN』& KENTARO KOBAYASHI LIVE POTSUNEN 2006『○ ~maru~』 KENTARO KOBAYASHI LIVE『POTSUNEN』& KENTARO KOBAYASHI LIVE POTSUNEN 2006『○ ~maru~』
小林賢太郎 (2007/01/17)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


02/10 11:08 | DVD | CM:0 | TB:0
ぶらり水島(また)バスの旅
日曜月曜の一泊二日で岡山県は倉敷へ行ってまいりました。
いやー、訪ねて行く先があちこちにあるってのは楽しいねぇ。
今回は昨秋予定だけで逢えなかったシラエ家へおじゃま。

そ、またバスで行ったの(笑)。バス職人(?)への道まっしぐらだわ。
だって梅田から一本で水島まで行く高速バスがあるってんだもん。
普通なら倉敷からJRに乗り換えてってルートなんだけど
それが4時間で寝てる間にシラエ家から徒歩圏内の場所で降ろしてくれるっていうんだもん。
シモデンさんは往復割引してくれた上にポイントカードもくれたのだ。
高速バスのポイントカードて。初めてもろーたわ(笑)。


久々に逢うシラエ家ご一同様。
何に驚くってコドモの成長ってホント早いってことやな。
まあ、毎日顔見てる訳じゃないから余計そう感じるのかもしれないけど。
ひーちゃんはもう5歳。こないだまでオムツしてたのになぁ。
ちょっと遠い親類のおばさんの気持ちで訪ねて行くワシとしては
気に入ってもらえるお土産でも持ってってご機嫌伺いしたいところだったのだけど
いかんせん今の5歳児の好みが判らん。
おもちゃ売り場をぐるぐる廻った時に見たたまごっちなどは
面白いのかもしれんがまだ早いのかなぁなどと思っていたら
ひーちゃんはしっかり使いこなしておった。しかも2種類を。
聞けばパソコンでキッズのページなども普通に見ておるとの事。
うーん。今時のお子様だなぁ。

滞在中はその今時なお子様・ひーちゃんに「指編み」のやり方を教えてもらったり、
ワシがハサミーマン(笑)になってひーちゃんを挟み、
そこから逃げるとまた挟むという遊びを何回も繰り返してやったり
夜勤明けでねむねむのおっと君とまったりと音楽話をしたり
つまが作ってくれたご飯食べたり、お母さんに焼肉を奢ってもらったり(笑)
何をしに行ったかよくわからんぐらいくつろがせてもらった。
あれは近所の家に自転車で遊びに行ったようなノリだわよ、完全に。

帰りのバスに乗る時は、往路が乗客5人であったので(よくそんなんで運行できてんなー(笑))
ひょっとして復路は平日だし、貸切かも?!と思っていたら案の定
「ご乗車はお客様だけですのでごゆっくりどうぞ~」と言われ(笑)。
ま、実際は岡山駅から御婦人がひとり乗り込んで来られたので
梅田まで二人旅?になったのですけど。
がんばれ下津井電鉄。次にワシが水島に行く時まで路線がなくなってませんように(笑)。

そんなゆるゆるぶらり旅、つまが帰りにお土産だと言って持たせてくれたのが
お餅と佃煮と珈琲豆だった。
・・・アンタはワシのオカンか(笑)<どれも好きな物だけに笑える(笑)
楽しかったよ~。ありがとね~。




♪本日の“シャッフルでポン!”
Mano Negra/Patchanka
From the Album : 「Puta's Fever」M-14

最近ウチのiTuneさんはマノネグラが一発目に出る確率が高い。お好みなのだろーか?

Puta's Fever Puta's Fever
Mano Negra (1992/06/29)
Virgin
この商品の詳細を見る

02/06 23:29 | 徒然DIARY | CM:0 | TB:0
辛辛鍋♪
20070204014115

こーすけ先生お手製の赤くて辛いお鍋である。
うまーい♪
ビールが進みましたなぁ。
おいしかった、楽しかった♪
02/04 01:40 | 徒然DIARY | CM:0 | TB:0
今日の大泉さん
正確には「今日ワシが見たテレビの中の大泉さん」ですな。


昨日は、引き継ぎ業務も通常業務も積み残しがたくさんあって
今日で辞めるというその日まで、10時とかまで会社にいたりして
最後の最後まで散々な感じで終わった。
なんだかなぁ。

私物やら最後にいただいたプレゼントやらの大荷物を持って
帰宅した時にはもうヘトヘト。
疲れすぎて眠れん。改めて出直してお買い物して
結局スプマンテのハーフボトルをラッパ飲みするに至り(笑)、
やっと眠れたのが4時くらいだったか。

都合12時間寝てしまったな・・・(大汗)。

で、目覚めまして『ハケンの品格』の昨日の録画分と
『釣りバカ日誌part17』のレンタル盤を続けて鑑賞。
どちらの作品中でもワシの愛しい大泉さんが

「ボクの事、好き?」

とストレートに女性に迫っておられます。いやん(笑)。

『釣りバカ日誌』は映画館でやってる間に見に行けなかったので、チェック。
っていうか、大泉さんが出てなかったら
自主的に『釣りバカ』を見よう、なんてこともなかっただろうと思うのだけど(笑)
あの方はあんまりシリアスなのより、あれっくらいの役がいいやね。
こっちも安心して見られるもの(笑)。

作中、大泉さんが「僕の好きな先生」を口ずさむシーンが何度か。
そういやキヨシローさん、昨日ステージに復活されたらしいねー。
よかったよかったー。うれしいわ。
02/01 19:39 | 徒然DIARY | CM:2 | TB:0
さんきゅう
070131.jpg
お花とケーキと焼酎(仕事柄そういうチョイスになるわけね(笑))と
たくさんの「おつかれさま」の言葉をいただいて
昨日を持って4年間働いた会社での、業務終了。

4年っちゃあ、大学生が入学して卒業するくらいの長さですか。
いろいろありましたが、最後くらいは素直に言おう。
お世話になりました。
そしてありがとうございました。

02/01 17:04 | 徒然DIARY | CM:4 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 にしまき All Rights Reserved